1月12日 玉替祭(たまがえさい) 多くの参拝客で賑わいました

平成27年01月12日

DSC_0394DSC_0450

 

1月12日、成人の日に、恒例の「玉替祭」が行われました。

「玉替祭」は江戸時代よりの伝統行事のひとつです。

玉替祭の「玉」とは、高良の神さま(玉垂の大神)が神功皇后をお助けされた際、

宝珠をもって道を開かれたという伝説、ご縁起によるものです。

玉替祭では、宝珠を象った「宝珠みくじ」がこの日に限り授与されます。

各企業のご厚意による協賛品もいただけることから、

宝珠の幸運を授かりたいという皆さまで賑わいました。

 

今年も幸運が授かりますようにー。「宝珠みくじ」に参拝客の行列。

 

DSC_0323DSC_0384

午前9時から御本殿にて神事が執り行われ、

神職の皆さまによる授与所でのお祓いの後に授与が始まりました。

一体500円で授与される「宝珠みくじ」は、自宅へ持ち帰り神棚に祀ります。

 

DSC_0300DSC_0362

新鮮な野菜のセットや花の苗など、多くの企業等のご厚意による協賛の品々。

大人も子どもも「何をいただけるかな?」。

ワクワクしながら自分の順番を待っておられました。

 

DSC_0391DSC_0337

「わあ、大きな鮭。すごい」「産直米。うれしい」

品々を受け取り、授与所ではしばしば歓声も聞かれました。

 

夫婦円満、家内安全、縁結、無病息災

この日限りの「宝珠 干珠(かんじゅ)満珠(まんじゅ)」に触れて、

開運をいただきました。

 

DSC_0355

 

この日限定で、「宝珠」が御本殿奥から社頭に出されていました。

高良の神さま(玉垂の大神)が神功皇后をお助けされた際、干珠(かんじゅ)と満珠(まんじゅ)という2つの宝の玉を海に投げ入れて国を護り、開運に導かれたとされています。

これは神様のご神徳を象徴するものです。

参拝者のみなさまは、そっと手で触れたり、友人や家族と力をあわせて持ち上げたりして、

夫婦円満、家内安全、縁結、無病息災を祈っておられました。

来年の成人の日、ぜひお越しください。

 

DSC_0417DSC_0426

最新情報

カテゴリー

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

banner_keidai01
banner_hanagoyomi01


HOME  | リンク | サイトマップ

筑後国一の宮 国幣大社
高良大社
〒839-0851 福岡県久留米市御井町一番地 TEL0942-43-4893  FAX0942-43-4936
E:mail office@kourataisya.or.jp
Copyright (C) 2013 KOURATAISHA. All Rights Reserved.