12月31日(月)午後3時、年越大祓をうけましょう。どなたでもご自由に参列できます。平安時代からのわが国の伝統である大祓を受けて、家族そろってすがすがしい気持ちで新年を迎えましょう。

平成30年12月01日

IMG_5521IMG_5538

 

お正月の初詣は厄年などにかかわらず、毎年行うように、

大祓も、毎回、お受けいたしましょう。

 

年越大祓(としこしのおおはらえ)

   大祓式    12月31日(月) 午後3時~ 

      どなたでもご自由に参列できます。

初穂料  一家族  1,000円以上 ご自由です

 

申し込み方法

・初穂料をそえて12月31日の神事前までにお持ちください。

・神社へ行けない方は、人形(ひとがた)を郵送ください。初穂料は振り込み用紙にて郵便局よりご送金ください。

・人形と振り込み用紙が入った袋は、神社に用意しております。

 

IMG_0161ひとがた

 

上のように、人形(ひとがた)に名前と年齢を書き、体を撫で(特に悪いところは念入りに)息を3回吹きかけてください。

お一人一枚です。足りない場合は、白紙を同じように切って作っていただいて構いません。

罪けがれを移した人形は、最初に入っていた白い袋におさめてください。

郵送の方は、同封する封筒に82円切手を貼付のうえ、ご返送ください。

 

大祓とは

 知らず知らずのうちに犯したであろう罪やあやまち、

心身のけがれを祓い清めるための神事です。

毎年6月と12月の2回、その月の末日に行います(夏越と年越)。

平安時代初期の国家の法制書『延喜式』にも記されており、古くから行われていたことが分かります。

ひな祭りの原形とされ、自分の罪けがれを移した「人形(形代)」を神事によってお祓いし、

我が身の代わりにお清めいたします。

当社においても伝統に則り、大祓式を厳修いたしております。

 

IMG_5531IMG_5560

 昨年の様子です。

午後3時、受付を済まされた皆様は、装いも新たな御社殿の前に参列されました。

大祓詞(おおはらえのことば)の奏上の後、ご参列の皆様には、小さく切った紙片、切麻(きりぬさ)を身体にかけ、紙で作った「人形(ひとがた)」で身体をさすり、息を3回吹きかけていただきました。

こうして、この半年で積もった身体の罪けがれを移した「人形」を神事によってお祓いし、我が身の代わりにお清めいたしました。

大祓式に引き続き、ご参列の皆様に御本殿にお入りいただき、除夜祭を執り行いました。

 

最新情報

カテゴリー

アーカイブ

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

banner_keidai01
banner_hanagoyomi01


HOME  | リンク | サイトマップ

筑後国一の宮 国幣大社
高良大社
〒839-0851 福岡県久留米市御井町一番地 TEL0942-43-4893  FAX0942-43-4936
E:mail office@kourataisya.or.jp
Copyright (C) 2013 KOURATAISHA. All Rights Reserved.