6月1日(土)・2日(日)は、厄祓祈願大祭「川渡祭(かわたりさい)」です。別名「へこかきまつり」。どなたでも自由に御参列できます。「茅の輪(ちのわ)」をくぐって、お祓いを受けて、心身を祓い清めて開運厄除・無病息災を祈ります。さらなる幸福の御縁に結ばれましょう。

令和1年05月09日

IMG_4121 (2)IMG_4088 (2)

 

6月1日(土)・2日(日) 茅の輪くぐり神事

午前7時~ ・ 午前11時~ ・ 午後2時~   中門前   無料

 

茅の輪くぐり神事は、午前7時、午前11時、午後2時の3回斎行されます。

神職によるお祓いを受け、神職先導により茅の輪をくぐり、心身を祓い清めて無病息災を祈ります。

どなたでも自由に御参列できます。それぞれの時間に大勢の皆様がおいでになります。

茅の輪は、1日の午前7時のくぐり初めより、終日、御自由にくぐることができます。

 

IMG_1387IMG_2257

 

川渡祭(かわたりさい)は、特に、男女児数え7歳、還暦や厄年の方が、高良大社御社殿の前に設けられた大きな「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、御祈願(おはらい)を受けると、高良の神さまのお力によって災難をのがれ、大難を小難に、わざわいを福に転ずると昔から言い伝えられてきました。

人生の節目にお祓いを受けましょう。

 

還暦(61才) 厄祓(男 7・25・42才  女 7・19・33・37才 )

 

もちろん、還暦厄年にかかわらず、どなたでも茅の輪くぐり、御祈願(おはらい)をお受けになることができます。毎年お越しになる方もたくさんいらっしゃいます。

お正月のお祓いを受けた方も、「二度祓」「三度祓」のお気持ちで、ぜひご参拝ください。

 

◆川渡祭の詳細について → こちらへ

 

IMG_4199IMG_4202

 川渡祭りのお守りです

6月のみの授与になります。

 

IMG_1393IMG_1394

 

『川渡祭(かわたりさい)』の起源、『蘇民将来(そみんしょうらい)』の和歌の由来について、川渡祭の栞より御紹介いたします。

 

『川渡祭(かわたりさい)』とは?

 川渡祭の語源は、『川浸り(かわびたり)』とされ、筑紫次郎と称される筑後川の度重なる氾濫を鎮める、との人々の願いも相俟って「水難除け」と普遍化して、この日にあらゆる厄除けを高良の神様にお願いをしていたことが始まりであると言われております。

時代の流れと共に、この祭りが「川浸りの朔日(ついたち)」となり、旧暦12月1日に水神を祀り、厄除けを願う神事へと移行しました。

その後、夏祭りの信仰風習と共に、明治時代後期に現在の6月1日に川渡祭を行うようになりました。

6月の茅の輪神事は、一つに『夏越(なごし)祓』とも言い、『和(な)ごし』に通じ、人の心を和やかにすると伝えられています。

茅の輪も最初は、各自が腰に着ける程の小さなもので、今も『茅の輪守り』としてお頒ちしておりますが、時代を経るにつれて大きな輪をつくり、これをくぐり心身の祓いを行うようになり、今日の神事となっています。

御参詣の皆様には、川渡祭の佳き日に厄除け、還暦を始め各種御祈願をお申し込みになられますよう御案内申し上げます。

 

 

 

6月1日(土)・2日(日)、 高良大社川渡祭・へこかきシャトルバス(運賃無料)を運行します。ぜひご利用ください。

令和1年05月09日

高良大社川渡祭・へこかきシャトルバス運行について

運行日  令和元年6月1日(土)・2日(日)

運賃   無料

 

時刻表

JR久留米  西鉄久留米  久留米大学前  御井町  高良大社

行き 

各バス停は、乗車のみとなります。途中下車はできません。

 

 高良大社  御井町  久留米大学前  西鉄久留米  JR久留米

帰り

 ※各バス停は、乗車のみとなります。途中下車はできません。

 

 

祈願の御案内 家内安全・事業繁栄・厄除などの御祈願をお受けください。月初め・年度初め・年間を通してお受けいたします。

令和1年05月07日

幣殿

 

高良の大神様は、古くより厄除・延命長寿の霊験あらたかと言われ、生活万般を御守護くださる神様と広く信仰されております。

家内安全・事業繁栄・厄除などの御祈願をお受けいただきますよう御案内いたします。

 

拝殿 格天井52

 

祈願種目

家内安全 商売繁盛 厄年袚  還暦算賀

交通安全 諸障退散 身体健康 傷病平癒

子宝恵授 安産子育 初宮詣  七五三詣

学業成就 受験合格

 

その他願意もご相談ください 御祈願の皆様へ 詳細はこちらをご覧ください →

 

祈願初穂料

個人  五千円以上

団体  一万円以上

 

 sanpai2

5月1日より、上皇陛下御製(ぎょせい)、上皇后陛下御歌(みうた)の展示をしております。展示を通して平成の御代を改めて振り返り、その感動を後世に伝えていただきますよう願っております。御参拝、お待ち申し上げます。

令和1年05月03日

 IMG_9136

 

本年4月30日をもちまして、平成の御代は改まり、令和の御代へと引き継がれました。

御譲位された上皇陛下並びに上皇后陛下は、御在位中に、数多の和歌をお詠みになられました。

和歌はその淵源を神話へと遡り、万葉集、古今和歌集といった古典を生み、以降、日本の歴史を通じて日本文芸の根幹として、永い伝統を持つものです。

また和歌は、心のありのままの感情を率直に伝えるものであり、上皇陛下、上皇后陛下が平成の御代に残された御製、御歌は御二方のお気持ちを最も直接にお伺いすることの出来る、尊い御作品であります。

此度、例年開催されております高良山書道展実行委員の各先生方の浄書による、上皇上皇后両陛下の御詠歌を展示申し上げます。この展示を通して平成の御代を改めて振り返り、その感動を後世に伝えていただきますように願ってやみません。

 

上皇陛下御製(ぎょせい) 上皇后陛下御歌(みうた)を通して

平成の御代を振り返る

IMG_9131IMG_9126

 

上皇陛下御製

      平成17年 歌会始 お題「歩み」

    戦なき 世を歩みきて 思ひ出づ

         かの難き日を 生きし人々

 

天皇陛下・上皇陛下の詠まれた和歌を御製(ぎょせい・おおみうた)、以下皇族方の詠まれた和歌を御歌(みうた)と、伝統的に申し上げます。

此度の御製・御歌ならびにその解説は宮内庁ホームページを出典としております。

 

尚、此度の展示期間は1ヶ月を予定しております。

 

IMG_9150IMG_9132

 

最新情報

カテゴリー

アーカイブ

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

banner_keidai01
banner_hanagoyomi01


HOME  | リンク | サイトマップ

筑後国一の宮 国幣大社
高良大社
〒839-0851 福岡県久留米市御井町一番地 TEL0942-43-4893  FAX0942-43-4936
E:mail office@kourataisya.or.jp
Copyright (C) 2013 KOURATAISHA. All Rights Reserved.