高良大社例大祭   別名 高良山くんち(ぐんち)

10月9日 例大祭   10日 崇敬会大祭    11日 観月祭

matsuri20 高良山写真展・「舞う奉納獅子」吉開富男氏

text_ma02
   
高良大社例大祭(高良山くんち)は、重陽のお祝いと秋の収穫祭が結びついたお祭りです。
旧暦9月9日は9が重なるので、「重陽(ちょうよう)」と言い、吉日とされます。
江戸時代には久留米藩主の参拝があった由緒あるお祭りで、筑紫平野の人々は秋一番の楽しみでした。
百々手式と呼ばれる弓馬術や弓道会、献茶式、野点、獅子舞、観月祭では箏曲、琵琶、吟詠、舞囃子、太鼓などの神賑行事(しんしんぎょうじ)が盛大に行われます。

matsuri21 高良山写真展・「古武道演武」古賀スミカ氏

matsuri22 高良山写真展・「高良山観月祭」松林繁樹氏

 観月祭

高良の神さまは「月神」といわれています。
高良の神さまのご出現の日は陰暦の9月13日。いわゆる「十三夜」で、美しい月が見られます。
観月祭は、「月神・高良の神」にならい、月を愛でる祭りとして行われています。

  

高良山くんちの名物「カマスずし」

地元の家庭では、おくんちの日のご馳走は、旬の魚を使った「カマスずし」でした。
カマスは魚の名前と穀物を入れる袋「叺(かます)」をかけて、秋の収穫に感謝する意味があります。

matsuri23 高良山写真展・「観月祭」須賀由貴子氏

 

高良山くんちのご案内

matsuri24 高良山写真展・「弾奏」古賀恵美子氏

10月9日 神生祭(かんあれさい) 午前零時
山内にて、高良の神さまのご神威を新たにいただきます。
例大祭 午前10時半 謡曲奉納 久留米喜多流奉賛会
           舞奉納  高良山十景舞保存会 など
matsuri25 高良山写真展・「高良山奉納太鼓」
松林繁樹氏
10月10日 崇敬会大祭 午前10時半
献茶式  表千家不白流九州支部
野点
10月11日 観月祭 午後6時
奉納行事 箏曲 生田流正派
久遠太鼓 立正佼成会久留米教会
久留米にわか 久留米にわか保存会日吉ぎんなん社中 など
直会

観月祭は会費制・予約が必要です。
お申込みの方には、お茶席・おでん・豚汁・鬼の手こぼし・カッポ酒をご用意いたします。

matsuri26

その他の神賑行事(しんしんぎょうじ)

matsuri27 高良山写真展・「射手」古賀恵美子氏
9月23日~10月9日 ※日程は変更もあります。その年の日程をご確認ください。
剣道大会・さつき盆栽秋季展・生花展・古武道・弓道・百々手式奉納 など

※神賑行事とは、祭典の前後に、神楽や獅子舞、舞楽、奉納武道、奉納相撲、競射、神輿、山車、仮装行列などさまざまな催しをすることです。

matsuri00 高良山写真展・「VV(ヴイヴイ)」甲斐恵氏

ページ上部へ戻る

banner_side_heisei2
banner_tamatare01
banner_wedding01
banner_suukeikai01
banner_blog01


HOME  | リンク | サイトマップ

筑後国一の宮 国幣大社
高良大社
〒839-0851 福岡県久留米市御井町一番地 TEL0942-43-4893  FAX0942-43-4936
E:mail office@kourataisya.or.jp
Copyright (C) 2013 KOURATAISHA. All Rights Reserved.