1月14日、玉替祭(たまがえさい)を執り行いました。「宝珠みくじ」で、今年一年、幸運を授かりますようにー。境内は多くの参拝客で賑わいました。

平成30年01月15日

DSC_1370IMG_5719

 

1月14日(日)、「玉替祭」を執り行いました。

玉替祭では、宝珠を象った「宝珠みくじ」がこの日に限り授与されます。

境内は朝早くから、「今年一年、幸運を授かりますように」と願う参拝客の皆様で長蛇の列となりました。

 

IMG_5699 (2)IMG_5635

 

午前9時から神事が執り行われ、神職によるお祓いの後に授与が始まりました。

「玉替祭」は江戸時代よりの伝統行事のひとつです。

玉替祭の「玉」とは、高良の神さま(玉垂の大神)が神功皇后をお助けされた際、

宝珠をもって道を開かれたという伝説、ご縁起によるものです。

 

IMG_5668IMG_5682 (2)

 

大願成就の「宝珠」、「干珠(かんじゅ)満珠(まんじゅ)」。

高良大神が神功皇后をお助けされた際、宝珠をもって道を開かれたという

伝説・ご縁起があります。

触れて、抱えて、開運をいただいておられました。

この日限定で、「宝珠」が社頭に出されました。

高良の神様(玉垂の大神)が神功皇后をお助けされた際、干珠(かんじゅ)と満珠(まんじゅ)という2つの宝の玉を海に投げ入れて国を護り、開運に導かれたとされています。

これは神様のご神徳を象徴するものです。

夫婦円満、家内安全、縁結、無病息災。

手で触れたり、ご夫婦やご友人で力を合わせて持ち上げて、「開運」を祈る姿がありました。

 

DSC_0384

 

宝珠を象った「宝珠みくじ」は、開運招福のお守りです。

今年も幸運を授かりますようにとの願いを込めてー。

 

IMG_5704IMG_5715

 

「宝珠みくじ」は、一体500円で授与されました。みくじを開くと、各企業・団体の皆様のご厚意による協賛の品々がいただけます。

お米やお酒、お花、お食事券、新鮮な野菜などの品々です。

皆様は、「宝珠みくじ」と品々を大事そうに持って帰っておられました。

各企業・団体等の皆様、ご協賛をいただきまして有難うございました。

 

 

来年の玉替祭も、ぜひお越しいただき、

新しい一年の「福」を抱いて、お帰りください。

IMG_5726 (2)IMG_5629

 

最新情報

カテゴリー

アーカイブ

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

banner_keidai01
banner_hanagoyomi01


HOME  | リンク | サイトマップ

筑後国一の宮 国幣大社
高良大社
〒839-0851 福岡県久留米市御井町一番地 TEL0942-43-4893  FAX0942-43-4936
E:mail office@kourataisya.or.jp
Copyright (C) 2013 KOURATAISHA. All Rights Reserved.