工事進捗状況 第三回 7月4日、柿葺き初め祭を斎行。御社殿の柿葺き工事が始まりました。

平成28年08月01日

IMG_5375IMG_5379

 

7月4日より、御社殿の屋根の葺き替え工事が始まりました。

柿葺き初め祭を斎行、工事に先立ち、開始の奉告、並びに安全無事を祈り、さらに御屋根の祓い清め、柿板の葺き初めの神事を奉仕いたしました。

 

IMG_5465IMG_5404

 

御本殿より葺き替え工事が進められていきます。

今回は「保存修理工事」として、傷んだ部材は新調し、従来材で傷みのないものは、表面を磨いたりして、引き続き使用していきます。

 

IMG_1508

 

屋根の先端には「水切り銅板」を葺き込み、屋根板への雨水等の回りを防ぎます。

 

IMG_1506

 

柿板は軒先から、葺き進めていきます。

水切り銅板、柿板の下地となる「上目板(うわめいた)」を重ね、その上にいよいよ柿板を葺いていきます。

 

IMG_1505

 

屋根の勾配の関係で、軒先には雨がたまりやすく、腐敗しやすいため、柿板の間隔を短く葺きます。

通常の平葺きは一寸の間隔で葺きますが、軒先は二分、四分、六分の間隔で葺きます。

これを「込足(こみあし)」といいます。

 

IMG_1510

 

この込足に続いて、一寸間隔でずらしながら、平葺きを行っていきます。

 

IMG_1509IMG_5520

 

また平葺きの一尺ごとに、「差し込み銅板」という、細長い銅板を挟みこみます。

柿板の腐敗の原因となるものは、菌や苔類の発生によるものです。

この差し込み銅板が、雨と反応して緑青が流れ、屋根を菌類から守る効果が見られます。

 

このように遠くからはわからない、細かい所にまで、先人達の知恵や工夫が隠されていることに、驚かされます。

 

 

最新情報

カテゴリー

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

banner_keidai01
banner_hanagoyomi01


HOME  | リンク | サイトマップ

筑後国一の宮 国幣大社
高良大社
〒839-0851 福岡県久留米市御井町一番地 TEL0942-43-4893  FAX0942-43-4936
E:mail office@kourataisya.or.jp
Copyright (C) 2013 KOURATAISHA. All Rights Reserved.