高良大社 疫病除け祈念特別朱印『白澤』を授与いたします

令和2年04月25日

高良大社 疫病除け祈念特別朱印『白澤』

 

高良大社の神様は、古くより、厄除け・延命長寿に霊験著しいと筑後地域を始め九州一円の人々より篤く信仰されてきました。

新型コロナウイルス感染症の拡大で、多くの方々が不安を抱えながらの生活を余儀なくされている昨今におきまして、高良の神様のお守りのもと、一日も早くこの感染拡大が終息し、皆様方に幸せで平穏な日常が戻ってくることを祈念して、特別朱印『白澤』を授与いたします。

 

お初穂料 1,000円

 

IMG_0865 

 

白澤(はくたく)について

白澤(はくたく)とは、中国の想像上の神獣です。その容貌は6本の角と9つの眼を持ち、人語を理解することができたといいます。

麒麟(きりん)や鳳凰(ほうおう)と同様に、徳のある政治者の治世において出現し、病魔を防ぐ力があると信じられていました。

このようなことから、白澤の絵を持っていれば道中の災難や病気から免れることができると、江戸時代の旅には欠かせない“お守り”となっていたようです。コレラ流行の時などにも白澤の絵が売りに出され、人々はこれを身につけたといいます。

 

ご朱印の対応について

令和2年4月7日に発出されました「緊急事態宣言」を受けて、当社におきましては、当面の間、無人・無接触の方式にてお札・お守り・ご朱印の授与を行っております。

授与所の前にお並びの際には2メートル間隔をとって、密接を避けて戴きますよう、ご協力をお願い致します。

 

 

高良大社崇敬会 入会のご案内 崇敬会は高良大社の御祭神を崇敬し、高良大社の弥栄と歴史的文化遺産の維持継承を願い、広く社会に貢献するため、高良大社が行なう諸事業を支援、協力しております。ぜひ、ご入会ください。

令和2年04月24日

suukeikai04 神幸祭 神輿が街を巡る

 

高良大社崇敬会は、平成20年1月に設立されました。

筑後平野を一望する高良山に鎮座する高良大社は、高良玉垂命・八幡大神・住吉大神の神々を祀る旧国幣大社、筑後国一の宮であり、その創建は、初代神武天皇より数えて第17代履中天皇の御代(西暦400年)と伝えられています。

崇敬会は、高良大社の御祭神を崇敬し、高良大社の弥栄と歴史的文化遺産の維持継承を願い、広く社会に貢献するため、高良大社が行なう諸事業を支援、協力しております。

祖先より受け継がれてきた歴史と郷土遺産を守り、後世に伝えるための本会の趣旨にご賛同いただき、ご入会くださいますようご案内申し上げます。

 

※高良大社崇敬会の詳細は こちらへ → 

 

suukeikai07 高良大社崇敬会総会

 

会員

・個人会員

正会員  年額  3,000円以上

賛助会員 年額 10,000円以上

・法人会員

正会員  年額 10,000円以上

賛助会員 年額 30,000円以上

 

会員待遇

・毎朝一番の日供祭にて会員皆様のご安泰ご隆昌を祈願いたします

・特別参拝ができます

・崇敬会大祭にご案内いたします

・会主催の行事にご案内いたします

・高良大社宝物殿を拝観できます(但し展示替え等でご覧戴けない場合があります)

 

入会のお申し込み方法

ご入会につきましては、随時承ります。

入会申込書に必要事項をご記入の上郵送にてお申し込みください。

詳細は、お気軽にお問い合わせください。

高良大社崇敬会のパンフレットは社務所にございます。

 

IMG_2969

 

お問い合わせ 高良大社崇敬会事務局 高良大社内

住所 〒839-0851  福岡県久留米市御井町一番地

TEL 0942-43-4893

 

suukeikai01suukeikai03

 

 

4月6日、大学稲荷神社の春季大祭を斎行しました。春陽の好天気に恵まれ、多くの崇敬者の皆様方に御参列いただきました。心より感謝申し上げます。

令和2年04月07日

IMG_0551

 

4月6日(日)午前11時より、大学稲荷神社(御井町字宗崎)の春季大祭を斎行いたしました。

抜けるような青空の下、崇敬者の皆様方に御参列いただきました。心より感謝申し上げます。

拝殿において、祝詞、お祓い、玉串奉奠などの神事を執り行い、御参拝の皆様方は、清々しい表情で祭典に臨んでおられました。

 祭典の最後に、竹間宗麿宮司が御挨拶いたしました。

「現在、新型コロナウイルス感染症が流行しておりますが、今はじっと耐えるとき。これ以上、この疫病が蔓延することなく、一日も早く、平穏な世の中になりますよう、今日の晴れ渡った空のように、気持ちがすっきりと不安がなくなりますよう、心から願っております。皆様もくれぐれもお体に気をつけてお過ごしください」

 

IMG_0540IMG_0537

 

大学稲荷神社は、筑前・筑後稲荷十社の筆頭といわれ、明和8年(1771)、京都の伏見から勧請されました。

主祭神は、倉稲魂神(うかのみたまのかみ)。稲荷神社は、元々穀物の神でした。

その後、商売繁昌の神様として「御利益著(いちじる)し」と、人々に親しまれています。

 多くの皆様が月詣りをされております。

折々に御参拝され、家内安全・身体健康・商売繁盛などお願いごとを御祈願ください。

 

IMG_0526IMG_0531

 

春光の中、桜の木々を仰ぐ参拝者のお姿がございました。

お一人の女性が、「三潴町から参りました」と、にっこり。

「祭典の際は、境内の掃除のお手伝いしております。御奉仕をさせていただいていることに、感謝。それは、親の代からの教えがあったから。お陰で、86歳ですが、元気にしております」

 

IMG_0541IMG_0566

 

最新情報

banner_keidai01
banner_hanagoyomi01


HOME  | リンク | サイトマップ

筑後国一の宮 国幣大社
高良大社
〒839-0851 福岡県久留米市御井町一番地 TEL0942-43-4893  FAX0942-43-4936
E:mail office@kourataisya.or.jp
Copyright (C) 2013 KOURATAISHA. All Rights Reserved.