アーカイブ ‘トピックス’ カテゴリー

高良大社 平成の大修理 ポスターと奉賛リーフレットのご紹介

平成27年09月01日

kourataisya_poster0731最終 img_leaflet

 

髙良大社では、平成27年度秋より「平成の大修理」として、

40年ぶりに国の重要文化財であるご社殿(本殿・幣殿・拝殿)のお屋根ふき替え、

中門・透塀の塗り替え、併せて斎館・授与所の改築を、秋からの施工に向け、諸準備を進めております。

この度、高良大社平成の大修理のポスター及び奉賛リーフレットが完成しました。

ポスターは、久留米市のご協力にて、久留米市観光案内所やホテルなどで掲示をしていただいております。

奉賛リーフレットは、社務所にも置いております。

 

IMG_1263  西鉄久留米駅 構内

 

ご社殿 お屋根ふき替え杮板(こけらいた)の奉納を受付しています

http://www.kourataisya.or.jp/archives/6018

 

詳細は、当HPの「高良大社 平成の大修理」コーナーをご覧ください。

http://www.kourataisya.or.jp/heiseihousan

 

皆さまのご協力をお願いいたします。

 

平成の大修理 国指定重要文化財 髙良大社のご社殿 お屋根ふき替え杮板(こけらいた)の奉納を受付しています

平成27年09月01日

keidai013IMG_2361

 

社頭にて、お屋根ふき替え杮板(こけらいた)の奉納を受付しております。

 

髙良大社では、平成27年度秋より「平成の大修理」として、

40年ぶりに国の重要文化財であるご社殿(本殿・幣殿・拝殿)のお屋根ふき替え、

中門・透塀の塗り替え、併せて斎館・授与所の改築を、秋からの施工に向け、諸準備を進めております。

 

高良大社ご社殿は、万治3年(1660)建築の国の重要文化財です。

約30年を周期にお屋根替えが行われ、近くは昭和51年に大々的な解体修理工事がありました。

それ以来、すでに30余年が経過し、早急にふき替え工事を行わなければなりません。

そのお屋根ふき替えに使用する杮板の奉納につきまして、ご参拝の皆さまのご協力をお願いいたします。

 

 

柿板(こけらいた)奉納  一束 1,000円

 

IMG_2380sanpai02

 

杮板とは、お屋根に使われている薄いサワラの板です。

サワラは、ヒノキ科の常緑高木です。樹木の繊維をこわさないように手作業で製版されています。

皆さまに奉納いただいた杮板は、実際にご社殿の屋根に使用いたします。

 

杮板には、住所、お名前などをお書きください。

「延命長寿」など、お願いごとなどを書いていただくこともできます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

IMG_2365

8月3日(月)より10日(月)まで、ゆめタウン久留米にて「高良山書道展」を開催しました。

平成27年08月17日

IMG_2496

 

8月3日(月)より10日(月)まで、

第44回「高良山書道展」に入賞されました特選以上の作品を

ゆめタウン久留米にて展示しました。

 

 

高良山書道展は、今年で44回目を迎えます。

今回、筑後地区の小中高校、一般の方々から、総数743点の作品応募がありました。

昨年より多くの作品が寄せられ、日頃の練習の成果を見事に表現された素晴らしい作品が寄せられました。

厳しい審査を経て、上位入賞者は、特別賞12名、高良大社賞11名、ゆめタウン賞11名、

計34名の皆さんに決まりました。

 

ゆめタウン久留米さんでの展示の様子

IMG_2500IMG_2507

 

 

7月20日 高良山書道展 奉納奉告祭・書道展表彰式の様子  こちらをご覧ください

 

7月20日より開催しました「高良山書道展(会場・高良大社)」の様子→ こちらをご覧ください

 

 

7月20日より8月2日まで、高良大社にて高良山書道展を開催しました

平成27年07月20日

IMG_2418IMG_2419

中門透塀内 展示風景

 

高良山書道展は、今年で44回目を迎えます。

今回、筑後地区の小中高校、一般の方々から、総数743点の作品応募がありました。

上位入賞者は、特別賞12名、高良大社賞11名、ゆめタウン賞11名、計34名の皆さんです。

7月20日より8月2日まで、審査で選ばれた入賞者の皆さんの作品(銅賞以上)を中門透塀内と展望所に特別展示しました。

多くの皆様が、ご参拝の折りに鑑賞されていました。

 

IMG_2429IMG_2412

高良大社宮司賞や髙良大社崇敬会会長賞など入賞者の作品を展示しております

 

また、8月3日より10日まで、作品をゆめタウン久留米に展示を移します。

さらに多くの方々に修練の成果をご覧いただきたいと思います。

 

 IMG_2477

 展望所 展示風景

平成の大修理 国指定重要文化財 髙良大社のご社殿 お屋根ふき替え杮板(こけらいた)の奉納を受付しています

平成27年07月14日

keidai013IMG_2361

 

社頭にて、お屋根ふき替え杮板(こけらいた)の奉納を受付しております。

 

髙良大社では、平成27年度秋より「平成の大修理」として、

40年ぶりに国の重要文化財であるご社殿(本殿・幣殿・拝殿)のお屋根ふき替え、

中門・透塀の塗り替え、併せて斎館・授与所の改築を、秋からの施工に向け、諸準備を進めております。

 

高良大社ご社殿は、万治3年(1660)建築の国の重要文化財です。

約30年を周期にお屋根替えが行われ、近くは昭和51年に大々的な解体修理工事がありました。

それ以来、すでに30余年が経過し、早急にふき替え工事を行わなければなりません。

そのお屋根ふき替えに使用する杮板の奉納につきまして、ご参拝の皆さまのご協力をお願いいたします。

 

 

柿板(こけらいた)奉納  一束 1,000円

 

IMG_2380sanpai02

 

杮板とは、お屋根に使われている薄いサワラの板です。

サワラは、ヒノキ科の常緑高木です。樹木の繊維をこわさないように手作業で製版されています。

皆さまに奉納いただいた杮板は、実際にご社殿の屋根に使用いたします。

 

杮板には、住所、お名前などをお書きください。

「延命長寿」など、お願いごとなどを書いていただくこともできます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

IMG_2365

5月28日 高良大社「平成の大修理」奉賛会設立発起人会が開催されました

平成27年06月01日

IMG_3423

 

5月28日(木)、久留米商工会館において、高良大社「平成の大修理」奉賛会設立発起人会が盛大に開催されました。

今回の「平成の大修理」事業は、当社積年の懸案事項であります国の重要文化財「高良大社本殿・幣殿・拝殿お屋根替え」工事を、国庫及び県と市の補助を受けながら

遂行することを目的としており、さらにこの機会に併せて、斎館、授与所をはじめとする境内諸施設の計画し、清々しいお気持ちでご参拝いただけるように充実を図るものです。

数年前から、関係者により計画と組織づくりが検討され、慎重審議を重ねて取り進めてきました。

神社関係各位にこの事業趣旨をご説明申し上げ、ご賛同戴いた皆様方にご案内の上、組織が発起され、規約案・会計予算案・役員人事案などが上程され、承認を戴きスタートした次第であります。

会議において、高良大社崇敬会井手和英会長を、「平成の大修理奉賛会会長」に選任し、副会長・常任理事などの組織も編成され、平成29年度までの3年間に亘る一大事業が産声をあげました。

勿論、ご崇敬各位の篤志を賜りながらの運営となります。皆様方の赤誠(せきせい)なる物心共々のご支援ご協力を切に懇願いたし、記念事業実施のご報告を申し上げます。

 

IMG_3424IMG_3442

 

IMG_3426IMG_3449

 

平成27年度 高良大社崇敬会総会 ご報告をいたします

平成27年03月07日

IMG_1290

 

 平成27年3月6日(金)、ホテルニュープラザにて高良大社崇敬会の総会を開催しました。

伊勢神宮遥拝に始まり、国歌斉唱、敬神生活の綱領唱和、井手和英会長の挨拶、来賓紹介、そして議長選出を行いました。

議事に入り、平成26年度事業報告と収支決算及び監査報告、平成27年度事業計画案と予算案、新理事承認の5つの議案について厳粛に審議され、全議案とも満場一致で原案通りに可決承認されました。

この後、高良大社の竹間宗麿宮司が挨拶を行い、通常総会は閉会いたしました。

 

IMG_1289IMG_1298 (2)

井手和英会長 挨拶              高良大社 竹間宗麿 宮司挨拶

 

総会終了後、記念講演会が行われました。

今回は、福岡県教育庁文化財保護課長の赤司善彦先生をお迎えして、「御社殿の御屋根替えー文化財建造物を守り伝える」を演題に、約1時間にわたりご講演いただきました。

「神社建築(社殿)の始まり」「神聖感を抱く場所」「高良大社ご祭神と海の神々」「文化財建造物の管理と修理」「御社殿の保存修理事業はなぜ行うのか」などの視点でお話をいただきました。

 

IMG_1307

福岡県教育庁文化財保護課長 赤司善彦先生

 

最後に、「伊勢神宮の式年遷宮などに見られるように、日本の文化財建造物の特色は『伝世(でんせい)』。伝わるということ。修理をしながら代々伝わり、大切に守ってきています。これは世界にない日本の文化財の特色です。これに多くの方が心を一つにして参加することによって神様の心に触れていただく。そして大事なことは、社殿がきれいになっただけではなく、皆さんが幸せになることです。この度の平成の大修理は大変な事業だと思いますが、着手されることに敬意を表します」と締めくくられました。

当日の会場には、久留米大学の学生の皆さんが多数来場されていました。講演後の質疑応答では「髙良大社をさらに観光に活かすには」等、積極的に質問をされ、会場からは大きな拍手が沸き上がりました。

 

IMG_1312

 

 引き続き、懇親会には多くの皆様にご参加いただき、和やかに会員同士の親睦を深めることができました。

ご参加いただきました会員の皆様、誠にありがとうございました。

今後も高良大社崇敬会の活動にご協力をお願いいたします。

 

高良大社崇敬会 入会のご案内

本会の趣旨にご賛同いただき、ご入会いただきますよう心よりお願い申し上げます。

詳細は、当HPの「高良大社崇敬会」コーナーをご覧ください。

 

IMG_5154  高良大社崇敬会のご案内 

 

 

平成の大修理 杮板(こけらいた)のご奉納を受け付けております ご協力をお願いいたします

平成27年02月25日

IMG_0542keidai013

社頭の看板です

 

髙良大社では、平成27年度秋より「平成の大修理」として、

40年ぶりに国の重要文化財である御社殿(本殿・幣殿・拝殿)の御屋根葺き替え、

中門・透塀の塗り替え、併せて斎館・授与所の改築を、秋からの施工に向け、

現在、奉賛会設立の諸準備を進めております。

 

◆柿板(こけらいた)奉納  一束 千円

現在、社頭にて受付をいたしております。

奉納いただいた杮板は、本殿屋根葺き替えの際に使用いたします。

ご参拝の折りに、ご協力をお願いいたします。

 

IMG_0609sanpai02

 

IMG_0607  社頭のポスターです

 

8月9日より17日まで、ゆめタウン久留米にて「高良山書道展」を開催しました。

平成26年08月16日

IMG_8461

 

8月9日(土)より17日(日)まで、

高良山書道展に入賞されました特選以上の作品122点を

ゆめタウン久留米にて展示しました。

 

IMG_8465 1階のウエストコートにて

 

高良山書道展は、今年で43回目を迎えました。

今回、筑後地区の小中高校、一般の方々から、総数721点の作品応募がありました。

上位入賞者は、特別賞12名、高良大社賞11名、ゆめタウン賞11名、計34名の皆さんです。

去る7月21日(月)より8月3日(日)まで、審査で選ばれた入賞者の皆さんの作品(銅賞以上374点)を中門透塀内と展望所に特別展示いたしました。

そして、今回、多くの皆様にその力作をご覧いただきたいと展示をいたしました

 

IMG_8448IMG_8456

IMG_8457

筑後地区の御朱印神社地図をご活用ください                  筑後青年神職会が作製されました

平成26年07月22日

この度、筑後青年神職会(3部会)の皆さんは、御朱印を書いていただける筑後地区の神社の地図を作製されました。ご参拝の方々の「御朱印をいただきたい」というご要望に応えられたものです。

現在は、筑後地区の30社の神社が掲載されています。

 

当社の授与所にて、御朱印は受け付けております。

高良大社・奥宮・大学稲荷神社

初穂料  300円(各)

受付時間 午前9時~午後4時

参拝のおしるしとしてどうぞお受け下さい。

 

福岡県神道青年会・筑後青年神職会 →ホームページへ

 

筑後地区御朱印神社地図 

地図をクリック、さらにクリックすると、拡大できます。

 

« Older Entries Newer Entries »

最新情報

カテゴリー

アーカイブ

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

banner_keidai01
banner_hanagoyomi01


HOME  | リンク | サイトマップ

筑後国一の宮 国幣大社
高良大社
〒839-0851 福岡県久留米市御井町一番地 TEL0942-43-4893  FAX0942-43-4936
E:mail office@kourataisya.or.jp
Copyright (C) 2013 KOURATAISHA. All Rights Reserved.