3月、桜が咲きはじめました。登山参道、参拝車道の花々を訪ねながら、高良山の散策をお楽しみください。

平成31年03月23日

IMG_8916IMG_8881

 

3月22日、高良山は春の陽気に誘われて、山登りやハイキングなどを楽しむ皆さんで賑わっていました。

高良山は桜の名所です。山内の各所では蕾が膨らみ、花が咲きはじめていました。

これから、参道は「桜一色」になります。 特に、第5駐車場、第6駐車場の辺りは「お花見」を楽しむ人々で賑わいます。

春の高良山については、こちらをどうぞ。→

 

山内の様子を写真でご紹介します。

 IMG_8763

 

「第二鳥居」です。

ここから参道(登山参道)の石段を一歩一歩登っていきます。

皆さんは鳥居の前で礼をされていました。

鳥居をくぐると、新緑に包まれ、厳かな心持ちになります。

 

IMG_8942IMG_8800

 

「あじさい園」です。高良山の森と環境を守る会の皆さんがお世話をされています。

そばにあるロータリーの森・淡墨桜の路には、ちらほらと桜が咲き始めています。

「咲いてきましたね」と行き交う人がにっこり。桜名所の一つです。

 

あじさいは、6月ともなれば、約4,000株が咲き誇り、「あじさい祭り」が開催されます。

現在、株は剪定され、青々とした新葉が出番を待っています。

 

IMG_8812IMG_8935

 

参道を登っておられる皆さんです。

「おはようございます」

「あら、ここで一休みですか」

「今日は、どこまで登るの?」

楽しい会話が弾んでいました。

 

IMG_8930IMG_8819

山内は、美しい椿がまだまだ見られました。落椿も各所で楽しめます。

IMG_8785

 

IMG_8840IMG_8836

 

名物「孟宗金明竹林(もうそうきんめいちくりん)」の新緑です(国指定天然記念物)。

高良山の孟宗金明竹は、地下茎(けい)から小枝に至るまで、一節ごとに左右交互に緑の縦縞があらわれます。

 

 高良大社境内へ。

IMG_8870IMG_8899

 

高良大社の大樟(おおくすのき・福岡県指定天然記念物)が見えました。

御神木である大樟は、並立する2本の樟です。 樹齢数4百年と推定されています。

その脇に、しだれ桜が可憐な顔を見せています。

 

社殿にて参拝をさせていただき、高良大社展望所へ。 

131段の本坂からの眺めもゆっくり堪能します。

 

IMG_8874IMG_8905

 

登山参道ではなく、ゆるやかな坂道の参拝車道をゆっくり歩いて高良大社へ来られる方々もいます。

その各所にも、花々が咲いていました。

 

どうぞ、春薫る高良山へお越しください。

ご参拝、お待ちいたします。

 

IMG_8911IMG_8921

IMG_8925IMG_8913

 

 

 

3月7日、平成31年度 高良大社崇敬会総会を開催しました。崇敬会は、高良大社の弥栄と歴史的文化遺産の維持継承を願い、諸事業を支援・協力しています。多くの皆様のご入会をお待ちいたします。

平成31年03月10日

崇敬会総会 会場の写真 

 

平成31年3月7日(木)の午後4時より、ホテルマリターレ創世にて、平成31年度高良大社崇敬会の総会を開催しました。

開会により、伊勢神宮遙拝、国歌斉唱、敬神生活の綱領唱和に続いて、高良大社崇敬会 井手和英会長の挨拶、来賓紹介、そして議長選出を行いました。

議事に入り、平成30年度事業報告及び決算報告・監査報告、平成31年度事業計画及び予算案について厳粛に審議され、全議案とも満場一致で原案通りに可決承認されました。

 

この後、高良大社の竹間宗麿宮司が挨拶を行い、総会は閉会いたしました。

 

会長①会長②

 高良大社崇敬会 井手和英会長 挨拶

「平成の大修理を11月末に完了いたしました。高良会館5階・6階の参拝者トイレなども整備され、今後も多くの方々が高良大社への参拝を楽しみにされることと思います。また、皆様のご協力で、崇敬会の会員も150名程増え、会員数は596名となりました。これからも崇敬会の輪を広げてまいりたいと思いますので、宜しくお願いいたします」

 

!cid_1695f2f9bf872e2816245

 高良大社 竹間宗麿宮司 挨拶

「皆様のご協力のお蔭で、平成の大修理を無事に終え 一新することができました。また、奉賛金によりまして、お祭りや神楽を奉納する際の雅楽の楽器を作ることができました。御代替わりの大きな時代の転換期を迎える中、崇敬会の役割というものは、まずお一人おひとりが国づくり、地域づくりの中心であり、最終的には地域貢献ということでしょう。そのためにも会員さんを増やし、崇敬会の輪を広げていきたいと思います。今後もご支援をいただきますようお願いいたします」

 

引き続き、午後5時より、記念講演会を開催しました。

今回は、宗像大社宮司の葦津敬之氏を講師にお迎えして、「宗像の歴史と未来」を演題にご講演いただきました。

講演では、日本のはじまりや皇室の歴史、日本神話などに触れながら、世界文化遺産に登録された「宗像・沖ノ島と関連遺産群」、宗像の取り組みとしての「宗像国際環境100人会議」などについて話されました。

 

宗像大社宮司 講演会宗像大社宮司 講演会②

 

「私たち神主が歴史を語る際は、『古事記』『日本書紀』が基本になります。その元になるのは、稗田阿礼と言う人の口伝。まさに優れた記憶力だと言えます。現代人は文字、電子に頼りがちで、記憶力という点では退化しているのではないでしょうか。古代の人々の記憶伝達能力はかなり優れていたのではと思います。

また、宗像の歴史を知るためには、大陸との関係は欠かせません。その影響は一方的ではなく双方で影響を与える場合もありますし、逆に日本から大陸に伝わったものもあると思います。

日本には、古代より優れた造船技術と航海術があり、6~7世紀の金製指輪などを見ると奈良を中心に技術があったのだと分かります(抜粋)」

最後に、アインシュタインの著書より、『西洋と出会う以前に日本人が本来もっていて、つまり生活の芸術化、個人に必要な謙虚さと質素さ、日本人の純粋で静かな心、それらのすべてを純粋に保って忘れずにいて欲しいものです』の一文を引用して紹介され、「私たちは、日本人について、外国の人に教えられているように思います」と話されました。

参加者の皆様は熱心に講演に聴き入り、講演後には、「御代替わりを迎える今、大変勉強になるお話だった」と多くの方々が感想を述べておられました。

 

 

午後6時より、懇親会を催しました。

多くの皆様にご参加いただき、和やかに会員同士の親睦を深めることができました。

ご参加いただきました会員の皆様、誠にありがとうございました。

今後も高良大社崇敬会の活動にご協力をお願いいたします。

 

高良大社崇敬会 入会のご案内

本会は高良大社の御祭神を崇敬し、高良大社の弥栄と歴史的文化遺産の維持継承を願い、広く社会に貢献するため、高良大社が行なう諸事業を支援、協力することを目的としております。

本会の趣旨にご賛同いただき、ご入会いただきますよう心よりお願い申し上げます。

詳細は、当HPの「高良大社崇敬会」コーナーをご覧ください。

高良大社崇敬会のご案内 こちらへ →

 

入会のお問い合わせは、社務所にお申し出ください。

IMG_5154IMG_8717

高良大社崇敬会のパンフレット・申込書は社務所にございます  (右)高良大社崇敬会会員証

 

お問い合わせ 高良大社崇敬会事務局 高良大社内

住所 〒839-0851  福岡県久留米市御井町一番地

TEL 0942-43-4893

 

最新情報

カテゴリー

アーカイブ

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

banner_keidai01
banner_hanagoyomi01


HOME  | リンク | サイトマップ

筑後国一の宮 国幣大社
高良大社
〒839-0851 福岡県久留米市御井町一番地 TEL0942-43-4893  FAX0942-43-4936
E:mail office@kourataisya.or.jp
Copyright (C) 2013 KOURATAISHA. All Rights Reserved.