6月30日(日)午後3時より、「夏越大祓(なごしのおおはらえ)式」を斎行いたします。どなたでも参列できます。ご家族そろって大祓をお受けになり、暑い夏を乗り越えましょう。

令和1年06月10日

 IMG_7159

 

夏越大祓式

 6月30日(日) 午後3時~  どなたでも参列できます

 初穂料 一家族  1,000円以上

 3,000円以上のお納めで「大祓特別茅の輪守り」を授与いたします。

 

大祓という神事は、私共が日々の生活において知らず知らずのうちに触れた罪や穢れを祓い清めるものです。

日本では古くから浄明正直を生活の基本として、代々その伝統が受け継がれてきました。その中で「祓い」が最も大事な行事とされています。

大祓は古くから宮中で、中世以降は各神社でも年中行事として広まり、現在では多くの神社の恒例式となっています。

大祓は年に2度行われ、6月の大祓を夏越(なごし)の大祓と呼びます。罪けがれを移した「人形(ひとがた)」を神事によってお祓いし、我が身の代わりにお清めいたします。

神社の境内に於いて祓い清めて、清々しい生命力を復活させるこの神事は、誠に意義深いものです。ご家族そろって、大祓をお受けになり、暑い夏を乗り越えましょう。大祓式はどなたでも参列できます。

 

IMG_2261ひとがた

人形(ひとがた)をご自身の体に触れさせ、息を吹きかけて当日までに神社にお持ちください

 

 IMG_2892

 

6月9日(日)、高良山参道中腹旧宮司邸前広場にて「第12回 高良山あじさい祭り」が開催され、大勢の皆さんで賑わいました。高良山はアジサイの名所です。あじさい園のアジサイが見頃です。ぜひ、お出かけください。

令和1年06月10日

IMG_9446IMG_9453

 

6月9日(日)、高良山中腹 旧宮司邸跡にて、「第12回高良山あじさい祭り」が開催されました。主催は高良山の森と環境を守る会です。

10時半、高良大社神職による開式の儀の神事が執り行われ、主催者挨拶、来賓祝辞に続いて、演芸会がスタート。ステージにて太鼓演奏や民謡、タヒチアンダンスなどが披露されました。

 

IMG_9439IMG_9452

 

新緑が映える中、椅子に腰かけたり立ち止まったりしながらステージや飲食を楽しむ皆さん。ぜんざい、おにぎり、たこ焼きなどをゆっくり堪能されていました。

今年も、久留米市主催の「九州オルレ久留米・高良山コース」が実施され、大勢の皆さんが立ち寄っておられました。

 

IMG_9443IMG_9421

 

flower_ajisai_illust_3204宝の山 高良山あじさい園へお出かけください

 

あじさい祭り会場の高良山中腹 旧宮司邸跡から石段参道を少し下ったところに、「宝の山 高良山あじさい園」があります。

6月9日現在の写真を掲載しております。

 

IMG_9427IMG_9431

 

「宝の山 高良山あじさい園」は、約1,000坪の敷地に4,000株以上のアジサイが植えられています。

高良山が「アジサイの名所」といわれる所以です。

これから、日を追うごとに園全体が満開となっていきます。 

豊富な色がアジサイの魅力。今年もとても楽しみです。

どうぞ、お出かけください。

 

IMG_9428IMG_9433

 

6月中、川渡祭特別祈願を行います。川渡祭は、特に男女数え7歳、還暦や厄年の方が、厄除・長寿息災を願うお祭りです。家内安全・諸願成就など各種祈願も受付けております。

令和1年06月03日

 IMG_9376

 

高良の神様は、古くから特に厄祓(厄除)・延命長寿にご利益があると信仰されています。

川渡祭特別祈願として、6月中、還暦・厄年はもとより、家内安全・諸願成就の祈願を受け付けております。

 

川渡祭の御案内   → こちらへ

御祈願の御案内   → こちらへ

令和元年 厄年表  → こちらへ

 

IMG_9218IMG_9349

 

 

 

6月1日・2日、川渡祭(へこかき祭)を斎行しました。筑後地方に夏を告げる祭りです。茅の輪くぐり神事にて茅の輪をくぐって心身を祓い清め、無病息災を祈りました。

令和1年06月03日

IMG_9307

 

6月1日(土)・2日(日)、午前7時、11時、午後2時より、「茅の輪くぐり神事」を斎行しました。

高良大社の御社殿前に設けられた大茅の輪をくぐり、身を清めてお参りすると、

高良の大神様の御神助によって厄難をのがれ運を開き、福を招くと伝えられています。

両日、大勢の参拝者の皆様がお越しになりました。

御参拝いただき有難うございました。

 

IMG_9370 川渡祭 拝殿

川渡祭 特別祈願 6月中は随時行います こちらへ → 

川渡祭について 詳しくは こちらへ →

 

 

6月1日(土)午前7時より執り行われた川渡祭神事(茅の輪くぐり初め)をご紹介します

IMG_9273IMG_9282

 

味水御井神社にて禊(みそぎ)神事を行った「へこかき裸参り」の皆様が、高良山参道をかけ登って来られました。

その威勢の良い掛け声や姿に大勢の御参拝の皆様が拍手を送っておられました。

 

IMG_9309IMG_9314

 

午前7時、大茅の輪の前にて「川渡祭神事(茅の輪くぐり初め)」を執り行いました。神職がお祓いをし、大祓詞奏上、そして茅の輪くぐり初めへ。

宮司の先導により3つの和歌を声高らかに唱和し、「へこかき裸参り」の皆様に、茅の輪を左・右・左とくぐり、お参りしていただきました。

 

IMG_9323IMG_9332

 

続いて、御参拝の皆様が神職の先導により3つの和歌を声高らかに唱和し、大茅の輪をくぐり、お参りしていただきました。

有難うございました。

 

福粥 無料接待

IMG_9396IMG_9379

 

6月1日・2日の茅の輪くぐり神事後に、御参拝の皆様に「福粥」を振る舞いました。

お粥に梅干しや奈良漬けなどを思い思いにのせながら、境内のあちこちで、談笑しながらゆっくりと召し上がっておられました。

 

第34回高良大社奉納花展(川口社中)

IMG_9354IMG_9363

 

6月1日・2日、境内にて「池坊川口社中生け花展」が開催されました。古い道具や花器を使った作品なども並び、御参拝の皆様が観賞されていました。

 

IMG_9343IMG_9409

 

高良会館6階にて、上皇陛下御製(ぎょせい)、上皇后陛下御歌(みうた)の展示をしております。御参拝の折にお立ち寄りください。

令和1年06月03日

IMG_9382

 

本年4月30日をもちまして、平成の御代は改まり、令和の御代へと引き継がれました。

御譲位された上皇陛下並びに上皇后陛下は、御在位中に、数多の和歌をお詠みになられました。

和歌はその淵源を神話へと遡り、万葉集、古今和歌集といった古典を生み、以降、日本の歴史を通じて日本文芸の根幹として、永い伝統を持つものです。

また和歌は、心のありのままの感情を率直に伝えるものであり、上皇陛下、上皇后陛下が平成の御代に残された御製、御歌は御二方のお気持ちを最も直接にお伺いすることの出来る、尊い御作品であります。

此度、平成の御代を改めて振り返り、例年開催されております高良山書道展実行委員の各先生方の浄書による、上皇上皇后両陛下の御詠歌を展示申し上げました。

 

 

上皇陛下御製(ぎょせい) 上皇后陛下御歌(みうた)を通して

平成の御代を振り返る

 

上皇陛下御製

平成17年 歌会始 お題「歩み」

    

戦なき 世を歩みきて 思ひ出づ

         かの難き日を 生きし人々

 

御製、御歌の詳細につきましては、社報「たまたれ」 第43号にて紹介しております。

こちらへ(PDF) →

 

天皇陛下・上皇陛下の詠まれた和歌を御製(ぎょせい・おおみうた)、以下皇族方の詠まれた和歌を御歌(みうた)と、伝統的に申し上げます。

此度の御製・御歌ならびにその解説は宮内庁ホームページを出典としております。

 

IMG_9388IMG_9398

 高良会館6階

 

 

 

最新情報

カテゴリー

アーカイブ

2019年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

banner_keidai01
banner_hanagoyomi01


HOME  | リンク | サイトマップ

筑後国一の宮 国幣大社
高良大社
〒839-0851 福岡県久留米市御井町一番地 TEL0942-43-4893  FAX0942-43-4936
E:mail office@kourataisya.or.jp
Copyright (C) 2013 KOURATAISHA. All Rights Reserved.