アーカイブ ‘祭事’ カテゴリー

6月30日(金)、 夏越大祓(なごしおおはらえ)式を斎行いたしました。多くの皆様にご参列いただきました。有難うございました。

平成29年06月30日

IMG_4472

 

6月30日(金)午後3時より、「夏越大祓式」を執り行いました。

曇空の下、時折、清々しい風が境内を吹き抜ける中、多くの皆様にお集まりいただき、無事神事を執り行うことができました。

心より感謝申し上げます。

 

大祓は毎年6月と12月の2回、その月の末日に行います。

夏越と年越です。どなたでもご自由に参列できます。

大祓とは、知らず識らずのうちに犯したであろう罪やあやまち、心身のけがれを祓い清めるための神事です。

夏越大祓は、これからの暑い夏を無病息災に過ごせるようにとの祈りも込めます。

 

IMG_4474IMG_4479

 

本日、大祓詞(おおはらえのことば)の奏上の後、ご参列の皆様には、小さく切った紙片、切麻(きりぬさ)を身体にかけ、紙で作った「人形(ひとがた)」で身体をさすり、息を3回吹きかけていただきました。

こうして、この半年で積もった身体の罪けがれを移した「人形」を神事によってお祓いし、我が身の代わりにお清めいたしました。

 

IMG_4485

 

大祓式に続いて、ご参列の皆様には、神職の先導によって仮殿にお進みいただき、正式参拝をしていただきました。

終了後、皆様は晴れ晴れとした表情で仮殿を後にされました。

本日は誠に有難うございました。

 

1IMG_2366 (2)

大祓人形一式は、時期が近まりましたら、社務所にございます。

遠慮なく、お尋ねください。

 

お正月の初詣は厄年などにかかわらず毎年行うように、大祓も毎回受けましょう。

どなたでもご自由に参列できます。12月の年越大祓に、ぜひお越しください。

 

IMG_4451IMG_3122

 

平成の大修理、中門透塀塗装工事を行います。

ご参拝は、本殿に向かい左奥、現在、大神様の鎮まります仮殿前にお進みになり、お参りください。

よろしくお願いいたします。

 

IMG_4502

山中はアジサイがきれいです。ご参拝ください。

6月1日・2日、川渡祭(へこかきまつり)を斎行しました。筑後地方に夏を告げる祭りです。茅の輪くぐり神事にて茅の輪をくぐって心身を祓い清め、無病息災を祈りました。

平成29年06月02日

IMG_4121 (2)IMG_4159

 

6月1日(木)・2日(金)、午前7時、11時、午後2時より、「茅の輪くぐり神事」を仮殿前にて斎行しました。

髙良大社の仮殿前に設けられた大茅の輪をくぐり、身を清めてお参りすると、

高良の大神様のご神助によって厄難をのがれ運を開き、福を招くと言い伝えられています。

両日、大勢の参拝者の皆様がお越しになりました。

お参りをいただき有難うございました。

 

川渡祭 特別祈願 6月中は随時行います こちらへ → 

川渡祭について 詳しくは こちらへ →

 

 

6月1日(木) 午前7時より執り行われた「茅の輪くぐり神事をご紹介します

IMG_4088 (2)

 

6月1日(木)午前7時、「へこかき裸参り」が始まりました。

JR久留米大学前駅の味水御井神社にて禊(みそぎ)神事を行った老若男女が、威勢の良い掛け声とともに高良山参道をかけ登りました。

そして、大茅の輪の前に集まります。

 

IMG_4129IMG_4143

「川渡祭神事(茅の輪くぐり初め)」です。

神職が皆様をお清めし、大祓詞奏上、そして茅の輪くぐり神事へ。

宮司の先導により3つの和歌を声高らかに唱和し、

茅の輪を左・右・左とくぐり、お参りしていただきました。

 

続いて、ご参拝の皆さまの「茅の輪くぐり神事」です。

IMG_4157IMG_4170

 

仮殿前には大勢の参詣者の皆様がお越しになりました。

お祓いを受けていただき、神職の先導により3つの和歌を声高らかに唱和し、

茅の輪をくぐり、お参りしていただきました。

有難うございました。

 

福粥のお接待をいたしました

IMG_4206IMG_4190

 

「茅の輪くぐり神事」の後、参拝者の皆様に「福粥」を振る舞いました。

皆さんは、山菜が入った粥に梅干しや奈良漬けなどをのせながら、「おいしそう」とにっこり。

境内のあちこちで、談笑しながらゆっくりと召し上がっておられました。

 

IMG_4211

 

 

川渡祭(へこかきまつり)のお守です 6月のみの授与となります

IMG_4199IMG_4202

茅の輪は災難除け・厄難除け・厄病退散のお守りです。

茅の輪守   初穂料500円

へこかき守  初穂料500円

 

IMG_4195IMG_4181

 

現在、平成の大修理事業の諸工事は、本年10月4日の本殿遷座祭に向けて計画通りに進められております。

皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

ご祈願のご案内 家内安全・事業繁栄・厄除などのご祈願は、高良大社へお越しください。月初め・年度始め、年間を通してお受けいただけます。

平成29年03月13日

img_2919IMG_2971

 

高良の大神様は、古くより厄除・延命長寿の霊験あらたかとされており、生活万般を御守護くださる神様と広く信仰されております。

月初め、年度始め、年間を通してお受けいたしております。

 

祈願種目

家内安全 商売繁盛 厄年袚  還暦算賀

交通安全 諸障退散 身体健康 傷病平癒

子宝恵授 安産子育 初宮詣  七五三詣

学業成就 受験合格

 

その他願意もご相談ください 詳細はこちらをご覧ください →

 

祈願初穂料

個人  五千円以上

団体  一万円以上

 

 

ご祈願は、祈祷殿受付所にお越しください。

祈祷殿、仮殿にて執り行います。

 

IMG_3559img_2901

仮殿                     祈祷殿受付所

 

平成29年厄年については こちらをご覧ください →

厄年にかかわらず、厄除祈願もお受けしております。

 

img_2894IMG_3041

神符守札授与所                高良会館社務所 展望所からの眺め

 

お神札・お守・縁起物のご案内

 

駐車場ご案内 こちらへ →    拡大図は こちらへ(拡大図) →

 

2月17日、祈年祭(きねんさい・としごいのまつり)を執り行いました。髙良大社の四大祭のひとつです。五穀の豊穣と皇室の安泰・国家の繁栄と国民の安寧・生業の発展を祈念いたしました。

平成29年02月17日

IMG_3144IMG_3180

 

2月17日(金)午前10時半より、仮殿にて祈年祭を執り行いました。

ご崇敬の皆様にご参列をいただき、滞りなく神事を斎行することができました。

誠に有難うございました。

 

IMG_3161IMG_3143

神楽「浦安の舞」奉奏

 

祈年祭は、毎年2月17日に宮中の賢所を始め全国の神社で行われる祭典です。

このお祭りは、11月の新嘗祭と対になる形で、髙良大社の四大祭のひとつです。

「年」は稲を意味し、籾(もみ)種をまく季節の初めに当たり、秋の豊穣を祈ります。

言いかえれば人間の生命の糧をお恵みくださるようにと祈るお祭りとも言えましょう。

一粒のお米に神様が宿ると信じ、稲のみならず、五穀の豊穣と皇室の安泰・国家の繁栄と国民の安寧・生業の発展を祈念いたしました。

 

IMG_3170稲穂

竹間宗麿宮司の挨拶

「先日は斎館・授与所の上棟祭を迎えることができました。国の重要文化財であるご社殿(本殿・幣殿・拝殿)のお屋根葺き替え、中門・透塀の塗り替えなど、完成しましたら、新たなスタートとなります。皆様の更なるご支援をお願いいたします」

 

IMG_3185IMG_3191

高良会館展望所

朝から雨模様でしたが、祈年祭の斎行の頃には青空が広がりました。

 

IMG_3192

斎館・授与所も工事中です

上棟祭の様子は こちらへ →

 

2月15日、快晴の下、斎館・授与所新築工事の上棟祭を執り行いました。ご参列の皆様とともに2本の綱を曳き、上棟の儀をいたしました。誠に有難うございました。

平成29年02月16日

上棟2

 

2月15日(水)11時より、斎館・授与所新築工事の上棟祭を執り行いました。

髙良大社では、「平成の大修理」としまして、40年ぶりに国の重要文化財であるご社殿(本殿・幣殿・拝殿)のお屋根葺き替え、中門・透塀の塗り替えを順次行い、斎館・授与所の改築も進めております。

この度、斎館・授与所の上棟祭を迎えることができました。

 

上棟3上棟5

 

先日の大雪で屋根には雪が残っており、快晴とはいえ寒風の中、多くのご参列の皆様やご参拝の皆様に見守りいただきました。

まず、お清めの修祓(しゅばつ)。

次に、大きな榊に神様をお迎えし、お供え物を奉り、祝詞を奏上しました。

 

上棟10上棟19

 

上棟の儀」では、御屋根から垂らした2本の綱に、ご参列の皆様にご参集いただきました。

「曳綱(ひきつな)の儀」では、2本の綱をそれぞれお曳きいただきました。

 

上棟7上棟9

 

槌打(つちうち)の儀」では、御屋根に登った棟梁が棟木を木槌で棟に打ちつけ、

「千歳棟」「オー」「万歳棟」「オー」「永永棟」「オー」と、大きな声で発声しました。

ご参列の皆様の中から「すごいですね。なかなか見ることがない光景です」と、感嘆の声がもれました。

 

上棟11上棟8

 

上棟祭の最後に、竹間宗麿宮司より挨拶をいたしました。

「ご参列の皆様のお力をいただき、本日、上棟祭を終えることができました。これからの工事安全と建物の堅固長久を祈っております。今後も、皆様のご支援、ご協力をお願いいたします」

 

上棟14 

上棟15上棟16

 

最後に、皆様と記念撮影を行いました。

ご多忙の中、斎館・授与所新築工事の上棟祭にご参列いただいた皆様、誠に有難うございました。

 

 

1月21日、晴れ渡る青空の下、「鏡開祭」を執り行いました。高良大社の特色ある新春のお祭りのひとつ。厄除け・延命のお祭りに善男善女が集いました。ご参拝いただきまして誠に有難うございました。

平成29年01月21日

IMG_3065IMG_3049

 

1月21日(日)、午前9時より「鏡開祭」を執り行いました。

仮殿にて神事が行われた後、ご参拝の皆様が見守る中、宮司を始め神職が神前にお供えされていた鏡餅の鏡割りをいたしました。

 

IMG_3069IMG_3084

 

小槌を振って割られたお餅は厄除け、延命の御利益があるとされています。

「神前にお供えされた鏡餅です。どうぞ、お持ち帰りください」

「毎年、いただいて帰っています。家族と一緒に食べますよ」

お餅は、ご参拝の皆様に持ち帰っていただきました

 

IMG_3094IMG_3109

 

鏡開ぜんざい接待所にて、温かいぜんざいが参拝者にふるまわれました。

冷たい風の中、各所に座っていただき、「おいしい。おいしい」と皆様はにっこり。

 

IMG_3102

 

紅白のお餅が入ったぜんざいです。

お漬物も添えられており、「いただきます」と、皆様はとても喜んでおられました。

 

IMG_3056IMG_3085

 

「餅焼き場」にて、お餅が焼かれていました。

社頭でゆっくりとぜんざいを味わう皆様。

来年も、ご家族やお友達と一緒にご参拝ください。

お待ちしております。

 

社務所の展望所、大樟…。

ご参拝の後は、境内のご散策をお楽しみください

本日は、晴れ渡った青空を眺めることができました。

大樟の空を覆うように枝を伸ばすその姿は、雄大、そして荘厳です。

大きく深呼吸。境内にて、心なごむひとときをお過ごしください。

 

IMG_3041IMG_3090

 

「鏡開祭」について

この祭りは、正月本社神前にお供えされた鏡餅を下げて開く、いわゆる「鏡開」の祭りですが、

一般には正月11日に行われることが多く、また古くは小正月(15日)を過ぎ、正月行事が終わってからの1月20日に行われたようです。

江戸時代までは、高良山に属する僧侶の法要がこの日に行われ、国家安泰の祈祷を修して鏡開きを行っていました。

小槌を振って割られた餅は厄除け、延命の御利益があると信じられ、参拝者に分けられました。

このように高良の山内の僧侶は年中行事の助役を通して当社の祭祀と深く関わり重要な役割を果たしていました。

明治維新後、神仏分離の影響により神社に僧侶が出仕することはなくなりましたが、

鏡開の行事は厄除け・延命の祭りとして引き継がれ、多くの参拝者を集めるようになりました。

 

 

1月15日、玉替祭(たまがえさい)を執り行いました。「宝珠みくじ」で、今年一年、幸運が授かりますようにー。境内は雪景色の中、多くの参拝客で賑わいました。

平成29年01月16日

DSC_1362

 

1月15日、恒例の「玉替祭」が行われました。

玉替祭では、宝珠を象った「宝珠みくじ」がこの日に限り授与されます。

当日は朝から雪が降りしきり、境内は白銀の世界となりましたが、「今年一年、幸運を授かりますように」と願う参拝客の皆様で長蛇の列となりました。

 

DSC_1336DSC_1303

 

午前9時から神事が執り行われ、神職によるお祓いの後に授与が始まりました。

「玉替祭」は江戸時代よりの伝統行事のひとつです。

玉替祭の「玉」とは、高良の神さま(玉垂の大神)が神功皇后をお助けされた際、

宝珠をもって道を開かれたという伝説、縁起によるものです。

 

「宝珠みくじ」は一体500円。

今年も幸運が授かりますようにとの願いを込めてー。

 

DSC_1370

 

「宝珠みくじ」は、一体500円で授与されます。

また、各企業等のご厚意による協賛の品々がいただけます。

お米やお酒、お花、お食事券、新鮮な果物、野菜などの品々。

参拝者の皆様は、今か今かと期待に胸を膨らませて、自分の順番を静かに待っておられました。

 

IMG_3005DSC_1371

 

「お野菜です。あちらから選んでお持ち帰りください」

くじを開けて神職がそう伝えると歓声があがり、皆様はとびきりの笑顔に。

「野菜がたくさん。有難うございます」

「わあ、お米だ。やったー」と、子どもたちの嬉しそうな声。

「宝珠みくじは持ち帰りいただき、お守りとして神棚などにお祀りください」

 

大願成就の「宝珠」。

この日限りの「干珠(かんじゅ)満珠(まんじゅ)」が社頭に。

触れて、抱えて、開運をいただいておられました。

 

IMG_2992DSC_1396

 

この日限定で、「宝珠」が社頭に出されました。

高良の神さま(玉垂の大神)が神功皇后をお助けされた際、干珠(かんじゅ)と満珠(まんじゅ)という2つの宝の玉を海に投げ入れて国を護り、開運に導かれたとされています。

これは神様のご神徳を象徴するものです。

夫婦円満、家内安全、縁結、無病息災。

手で触れたり、ご夫婦やご友人で力を合わせて持ち上げて「開運」を祈る姿がありました。

子どもたちが小さな手で触れて、お願いをしていました。

 

ご協賛をいただきまして有難うございました。

 ご芳名を掲示させていただきました

 

IMG_2989IMG_3014

 

境内で子どもたちが雪だるまを作っていました。力作です。

来年の玉替祭も、ぜひお越しいただき、新しい一年の「福」を抱いて、お帰りください。

 

DSC_1258DSC_1397

 

平成29年元日、社頭は大勢のご参拝の皆様で賑わいました。厄除けや開運招福、交通安全、合格祈願やさまざまなお神札、お守り、絵馬などを受けておられました。元日の境内の様子をご紹介します。平成の大修理 ご社殿お屋根ふき替え杮板(こけらいた)と銅板の奉納を、社頭にて受け付けております。宜しくお願いいたします。

平成29年01月01日

img_2919

 

1月1日は穏やかな晴天に恵まれ、社頭は新しい年の福運と延寿を祈る大勢のご参拝の皆様で賑わいました。

「家族が健康で暮らせますように。事業が繁栄しますように」とそれぞれの思いで願う姿。

社頭参拝では、多くの皆様がご神前で静かに手を合わせて祈る姿が印象的でした。

 

img_2893img_2920

 

神符守札授与所では、厄除けや開運招福、交通安全、合格祈願などのさまざまなお神札、お守り、絵馬などが授与されていました。

おみくじを受ける方々、境内で記念撮影をする方々。境内のあちこちで笑顔が見られました。

 

img_2894img_2912

 

祷殿受付所では、多くの方がご祈願の受付をされていました。

まずは、祈願書に記入。

祈祷殿(仮殿)にて、真心を込めて感謝と祈りを捧げておられました。

 

img_2901img_2904

 

現在、平成の大修理 国指定重要文化財 髙良大社のご社殿 お屋根ふき替え杮板(こけらいた)と銅板の奉納を受け付けております。

杮板奉納は平成29年1月末までです。銅板奉納は以降も引き続き受け付けをいたします。

社頭にて、受付をしております。宜しくお願いいたします。

 

img_2909img_2883

 

1月1日午前、高良大社展望所からの眺めです。

清々しい空気と澄みきった青空。心が洗われる思いです。

ご参拝の後には、ぜひ、お立ち寄りください。展望所は高良会館、社務所の奥にあります。

 

img_2898

 

駐車場のご案内 →

img_2926img_2931

 

12月31日 年越大祓式・除夜祭を斎行いたしました。多くの皆様がご参列されました。誠に有難うございました。

平成28年12月31日

img_2857img_2854

 

12月31日、午後3時より、「年越大祓式(としこしのおおはらえ)」を執り行いました。

大祓は、日々の生活の中で知らず知らずに犯している罪・穢れを祓い清め、清々しい気分で新しい一年を迎えられるよう願う神事です。

よく晴れ渡った青空の下、ご家族連れなど大勢の皆様にお集まりいただき、皆様の御協力によりまして、無事神事を執り行うことができました。

心より感謝申し上げます。

 

img_2834img_2846

 大祓の受付をし、皆様は御社殿の前に参列されます。

 

img_2856img_2861

 

大祓詞(おおはらえのことば)の奏上の後、ご参列の皆様には、小さく切った紙片、切麻(きりぬさ)を身体にかけ、紙で作った「人形(ひとがた)」で身体をさすり、息を3回吹きかけていただきました。

こうして、この半年で積もった身体の罪けがれを移した「人形」を神事によってお祓いし、我が身の代わりにお清めいたしました。

 

img_2863img_2866

 

大祓式に引き続き、除夜祭を仮殿にて執り行いました。

除夜祭は、今年最後の祭典です。

来し方に感謝し、佳き年を迎えられるように祈念いたしました。

誠に有難うございました。

 

お正月の初詣は厄年などにかかわらず毎年行うように、

大祓も毎回受けましょう。

どなたでもご自由に参列できます。

6月の夏越大祓式、12月の年越大祓式に、ぜひご参列ください。

 

大祓について

 知らず知らずのうちに犯したであろう罪やあやまち、

心身のけがれを祓い清めるための神事です。

毎年6月と12月の2回、その月の末日に行います(夏越と年越)。

平安時代初期の国家の法制書『延喜式』にも記されており、古くから行われていたことが分かります。

ひな祭りの原形とされ、自分の罪けがれを移した「人形(形代)」を神事によってお祓いし、

我が身の代わりにお清めいたします。

当社においても伝統に則り、大祓式を厳修いたしております。

時期が近づきましたら、HPにてご案内いたします。

 

IMG_2261IMG_0161IMG_2694

 

 

11月23日、 新嘗祭(にいなめさい)及び功労者表彰を執り行いました。献米世話人のご協力により、近郷各地から新米が奉納され、本年の豊かな稔りへの感謝を申し上げました。

平成28年11月23日

img_2677img_2675

 

11月23日(勤労感謝の日)午前10時30分、仮殿において神職が厳粛なる新嘗祭を執り行いました。

大前に献米者名簿を納め、宮司の祝詞奏上の後、献米使の尾畠史郎殿によって献米使祈願詞が奏上されました。続いて、神楽『式神楽』が奉奏され、収穫に感謝し、人々の労働をねぎらい、事業の繁栄を祈念いたしました。引き続き、功労者表彰も執り行いました。

大勢の皆様にご参列いただきました。心より感謝申し上げます。

 

 

img_2679img_2684

献米使祈願詞                 神楽『式神楽』

 

 

img_2692 功労者表彰

 

本年度献米使

久留米市太郎原町献米世話人  尾畠 史郎 殿

献米世話人表彰

二十五年功労表彰

久留米市藤山町下村  豊福 勝之 殿

久留米市大橋町    佐藤 富一 殿

久留米市大橋町    柳瀬  磨 殿

杵島郡白石町     石橋  勝 殿

杵島郡白石町     山口 善巳 殿

 五年以上奉仕者表彰

久留米市山川町竹の子 豊福 豊喜 殿

 五年以上奉仕退任者表彰

久留米市大橋町    中村 康胤 殿

八女郡広川町     末安 良行 殿

御井町高良内町地区代表者特例一年表彰

平成二十七年度御井町農事組合会長   金子 賢二 殿

平成二十七年度高良内町農事組合会長  大久保富佐雄 殿

地区内世話人永年・定年奉仕表彰

久留米市山川町   稲益 精記 殿

八女郡広川町    児玉 末正 殿

杵島郡白石町    林  隆夫 殿

 功労者表彰

永年に亘り川渡祭及び高良山おくんちにさつき盆栽展を奉納された

久留米さつき趣味の会 山田 平男 殿

高良山の山内に桜の木三十本を植樹奉納された

大和さくらの会    岡部  拳 殿

職員表彰 平成十八年四月一日奉職 十年

高良大社禰宜     内海 明紀 殿

 

 

新嘗祭について

新嘗祭は、宮中及び全国神社で行われる新穀感謝祭です。

収穫の感謝と産業に関わる人々の労働をねぎらい、事業の繁栄を祈念いたします。

 

我が国は古くから『豊葦原の瑞穂の国(とよあしはらのみずほのくに)』と言われており、農耕の業・米作りが国の大元でありました。神道の古典書である『記紀 古事記・日本書紀』にも三大神勅の一つとして記載され、お米は日本の主食として神様からの有難い戴きものとして考えられております。

新嘗祭はその年に初めて収穫された新米を神様にお供えし、神様と共に戴く神事で、宮中ではこの日未明天皇陛下におかれましては、宮中三殿にて新穀を神々に奉られ、御自らもお召し上がりになられ、同床共殿(どうしょうきょうでん)の悠久の伝統祭祀が斎行されます。

新穀が見事に稔り、収穫できることは神様の御加護に加えて、日々の勤労の積み重ねによるものであり、殖産興業の根元であります。

今日では単に収穫の感謝のみならず『勤労感謝の日』の名もある通り、遍く産業に関わる人々の労働をねぎらい、事業の繁栄をも祈念する祭となっています。

当社においてもその意義を踏まえて、福岡県内外の多数の崇敬者からの真心のこもったお初穂を御神前に供し新嘗祭を斎行致しました。

 

 

img_2568img_2525

 

11月、境内や高良山の山内は紅葉とサザンカの花々があちこちに。

どうぞ、ご参拝ください。

 

« Older Entries Newer Entries »

最新情報

カテゴリー

アーカイブ

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

banner_keidai01
banner_hanagoyomi01


HOME  | リンク | サイトマップ

筑後国一の宮 国幣大社
高良大社
〒839-0851 福岡県久留米市御井町一番地 TEL0942-43-4893  FAX0942-43-4936
E:mail office@kourataisya.or.jp
Copyright (C) 2013 KOURATAISHA. All Rights Reserved.