アーカイブ ‘祭事’ カテゴリー

6月30日(木)、 夏越大祓(なごしおおはらえ)式を斎行いたしました。多くの皆様にご参列いただきました。 有難うございました

平成28年06月30日

IMG_1515IMG_1527

 

6月30日(木)午後3時より、中門前にて「夏越大祓式」を執り行いました。

それまでの雨が上がり、清々しい風が境内を吹き抜ける中、多くの皆様にお集まりいただき、無事神事を執り行うことができました。

心より感謝申し上げます。

 

IMG_1530IMG_1511

境内の大祓受付               神職参進           

 

大祓は毎年6月と12月の2回、その月の末日に行います。

夏越と年越です。どなたでもご自由に参列できます。

大祓とは、知らず識らずのうちに犯したであろう罪やあやまち、心身のけがれを祓い清めるための神事です。

夏越大祓は、これからの暑い夏を無病息災に過ごせるようにとの祈りも込めます。

 

IMG_1520IMG_1523

 

本日、大祓詞(おおはらえのことば)の奏上の後、ご参列の皆様には、小さく切った紙片、切麻(きりぬさ)を身体にかけ、紙で作った「人形(ひとがた)」で身体をさすり、息を3回吹きかけていただきました。

こうして、この半年で積もった身体の罪けがれを移した「人形」を神事によってお祓いし、我が身の代わりにお清めいたしました。

 

IMG_1531IMG_1534

仮殿                    神職によるお話

 

 大祓式に続いて、ご参列の皆様には、神職の先導によって仮殿にお進みいただき、正式参拝をしていただきました。

終了後、皆様は晴れ晴れとした表情で仮殿を後にされました。

本日は誠に有難うございました。

 

IMG_2366 (2)IMG_0161

 大祓人形一式は、時期が近まりましたら、社務所にございます。

遠慮なく、お尋ねください。

 

 

お正月の初詣は厄年などにかかわらず毎年行うように、

大祓も毎回受けましょう。

どなたでもご自由に参列できます。

12月の年越大祓に、ぜひお越しください。

 

 

6月1日・2日 茅の輪くぐり神事を斎行しました。茅の輪をくぐって心身を祓い清め、無病息災を祈りました。

平成28年06月02日

 

IMG_1369IMG_1388

 

6月1日(水)・2日(木)、午前7時、11時、午後2時に茅の輪くぐり神事を斎行いたしました。

両日、大勢の参詣者の皆様がお越しになりました。

お参りをいただき有難うございました。

 

IMG_1372IMG_1384

 

お祓いを受けていただき、神職の先導により3つの和歌を声高らかに唱和し、

茅の輪をくぐり、最後に正面の中門前にてお参りしていただきました。

毎年、6月1日にお参りをしているという女性の方は、「今日は11時からの神事に来てみました。たくさんの人ですね。こうして茅の輪をくぐると気持ちがいいので、明日は友達を誘ってまた来てみます」と話されました。

 

IMG_1378

 

髙良大社のご社殿前に設けられた茅の輪をくぐり、身を清めてお参りすると、

高良の大神様のご神助によって厄難をのがれ、

運を開き、福を招くと言い伝えられています。

 

IMG_1393IMG_1394

 

 

福粥のお接待をいたしました

 

IMG_1398IMG_1400

 

茅の輪くぐり神事の後、参拝者の皆様に福粥を振る舞いました。

ヨモギなどが入った福粥を召し上がった皆様は、「おいしい」とにっこり。

お参りをいただき有難うございました。

 

IMG_1403

 

 

4月29日、昭和祭を斎行いたしました。昭和天皇の御聖徳を仰ぎ、国の繁栄を祈念いたしました。

平成28年04月29日

IMG_1012

 

4月29日(金・昭和の日)、午前10時30分より、高良大社仮殿にて昭和祭を斎行しました。

ご参列の皆様と共に、昭和の御代に思いを馳せ、昭和天皇の御聖徳と御事蹟を仰ぎ、

国の繁栄を祈念いたしました。

奉納献茶式は、江戸千家久留米不白会の皆様に御奉納いただきました。

心より感謝申し上げます。

 

IMG_1008

江戸千家久留米不白会の皆様に、野点の御奉納をいただきました。

「御抹茶をどうぞ」のお誘いに、ご参拝の皆様は腰をおろし、ゆっくりと楽しんでおられました。

 

IMG_0997IMG_1004

お天気に恵まれて、境内は、ご参拝やご祈願、そして、山歩き、登山姿の皆さまで賑わいました。

 

IMG_1023

2月17日 祈年祭(きねんさい・としごいのまつり)を執り行いました 髙良大社の四大祭のひとつです 五穀の豊穣と皇室の安泰・国家の繁栄と国民の安寧・生業の発展を祈念いたしました。

平成28年02月18日

IMG_0191IMG_0187

 

2月17日(水)午前10時半より、仮殿にて祈年祭を執り行いました。

ご崇敬の皆様にご参列をいただき、滞りなく神事を斎行することができました。

誠に有難うございました。

 

IMG_0182IMG_0194

宮司以下神職一同がご神前へ参進               竹間宮司の挨拶

 

祈年祭は、「としごいのまつり」とも言い、

毎年、2月17日に宮中の賢所を始め全国の神社で行われる祭典です。

このお祭りは、11月の新嘗祭と対になる形で、髙良大社の四大祭のひとつです。

「年」は稲を意味し、籾(もみ)種をまく季節の初めに当たり、秋の豊穣を祈ります。

言いかえれば人間の生命の糧をお恵みくださるようにと祈るお祭りとも言えましょう。

一粒のお米に神様が宿ると信じ、稲のみならず、

五穀の豊穣と皇室の安泰・国家の繁栄と国民の安寧・生業の発展を祈念いたしました。

 

 

IMG_0178IMG_0196

ご社殿お屋根葺き替え工事中です 中門前にて拝礼をされる皆様

 

2月7日、子の日の松 (ねのひのまつ)神事を斎行いたしました。故事に則り、上津地区の皆様が高良山に松苗を奉納されました。

平成28年02月09日

IMG_1339IMG_1280

 

子の日の神事は、鎌倉時代初期に起源をもつと伝わります。かつて高良の神様が高良山にご鎮座される際に近くの上津地区に住まわれ、松を山内へお植えになられてからお移りになり、お鎮まりになられたとの故事に由来します。

これにちなみ、上津地区より高良山へ松苗を奉納する子の日の松神事が、毎年正月初子の日(月の最初の子の日)に行われてきました。

明治2年以降途絶えていたこのお祭りは、市内の上津4区(上津、本山、千束、二軒茶屋)の有志の皆さまのご奉仕とご協力により平成12年に再興されました。

以来、毎年、子ども達と世話役の方々が古式ゆかしい装束を着けて、上津地区から松の苗木を高良大社まで運び、祭典の後、社殿裏山に植樹します。

 

2月7日(日)の神事を写真にて紹介します。

 

IMG_1272IMG_1282

 

奉献所役や世話人など約80名の一行です。

午前8時30分、上津町天満宮(久留米市上津町)にて出立祭を行い、途中、千束地区を徒歩巡幸しました。

高良山麓より高良大社までの徒歩行列を行い、午前11時に高良大社に到着しました。

 

IMG_1300IMG_1311

神前にて松苗木奉納奉告祭を斎行しました。

 

IMG_1336IMG_1328

午前11時30分、高良大社本殿裏山にて植樹の儀。

お祓いを受け、松の苗木を植えました。

植え方を教えてもらい、子どもたちはスコップを持って土をかけました。

 

IMG_1353

本日は、上津地区の皆さま、御井町の有志の皆さまの心温まるご奉仕をいただきした。

ご参加・ご協力をいただきました皆様、誠に有難うございました。

 

IMG_1348

 

御社殿御屋根葺替工事にともない、平成27年10月28日から平成29年9月末まで、御祈願・結婚式・祭典は仮殿にて行います。御参拝は中門前にての拝礼となります。

平成28年02月01日

IMG_2917kourataisya_poster0731最終

 

平成27年10月27日の仮殿遷座祭以降、平成29年9月末まで、御祈願・結婚式・祭典は仮殿にて行います。

また、御参拝の皆様には何かと御不自由をおかけすることとなります。

 

IMG_2948IMG_2954

                                仮殿

 

御参拝は、これまで中門の内にお入り戴き、御社殿前にての拝礼でしたが、工事中は中門前にての拝礼となります。

工事の足場組み立てによる危険防止から本殿裏側の摂社高良御子神社以下末社の真根子神社、印鑰神社、市恵比須神社の各社の前で直接お参りすることが出来なくなります。従いまして、中門に摂末各社の遙拝所を設けますので、こちらから遙(はる)かに拝礼戴くこととなります。

また、宝物館前の境内駐車場も仮殿建設に伴い駐車台数が限られますので、車のお祓いの方、体の御不自由の方以外の皆様には、他所の駐車場をご利用戴きます。

七五三、お正月等には警備員を配置いたします。

工事期間、約2年間に亘り、祭典・ご祈願・結婚式が仮殿での奉仕となりますこと、また御参拝に御不便、御不自由をお掛け致しますことを、お詫び申し上げ何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

IMG_2928img_map

平成の大修理 詳細はこちらへ →

 

1月11日、玉替祭(たまがえさい)を執り行いました。「宝珠みくじ」で、今年も幸運が授かりますようにー。多くの参拝客で賑わいました。

平成28年01月11日

IMG_3543

 

1月11日、成人の日に、恒例の「玉替祭」が行われました。

「玉替祭」は江戸時代よりの伝統行事のひとつです。

玉替祭の「玉」とは、高良の神さま(玉垂の大神)が神功皇后をお助けされた際、

宝珠をもって道を開かれたという伝説、ご縁起によるものです。

玉替祭では、宝珠を象った「宝珠みくじ」がこの日に限り授与されます。

各企業等のご厚意による協賛品もいただけることから、

宝珠の幸運を授かりたいという皆様の長蛇の列ができ、社頭は大変賑わいました。

 

DSC_0384IMG_3520

 

「宝珠みくじ」は一体500円。

今年も幸運が授かりますようにとの願いを込めてー。

午前9時から神事が執り行われ、神職によるお祓いの後に授与が始まりました。

「宝珠みくじ」は、一体500円で授与されます。

くじを開けて、当たりくじが出ると、各企業等のご厚意による協賛の品々がいただけます。

参拝者の皆様は、ワクワクしながら自分の順番を待っておられました。

お米やお花、食事券、図書券、パンなどの品々。参拝者の皆様からは、しばしば歓声も聞かれました。

この後、「宝珠みくじ」は自宅へ持ち帰り、神棚にお祀りされています。

 

IMG_3511IMG_3539

 

大願成就の「宝珠」。

この日限りの「干珠(かんじゅ)満珠(まんじゅ)」が社頭に。

触れて、抱えて、開運をいただいておられました。

IMG_3553IMG_3554

 

この日限定で、「宝珠」が社頭に出されました。

高良の神さま(玉垂の大神)が神功皇后をお助けされた際、干珠(かんじゅ)と満珠(まんじゅ)という2つの宝の玉を海に投げ入れて国を護り、開運に導かれたとされています。

これは神様のご神徳を象徴するものです。

夫婦円満、家内安全、縁結、無病息災。

「二人で抱えると運が開けるかもしれない。やってみよう」と

ご夫婦が一緒に宝珠を抱えておられました。

来年の成人の日、ぜひお越しいただき、

手で触れたり、ご夫婦・ご友人で力を合わせて持ち上げてみてください。

 

IMG_3484IMG_3550

寒い中、長蛇の列。皆さま、有難うございました。

 

 

◆ご協賛 誠に有難うございました  ご芳名を掲示させていただきました

 

IMG_3481

 

 

 

1月9日 奥宮にて「初寅祭」が執り行われました

平成28年01月09日

IMG_1220IMG_1207

 

1月9日、高良大社より歩いて20分ほどの山頂付近にある奥宮にて、初寅祭が執り行われました。

お天気に恵まれ、今年初めの初寅祭ということもあり、大勢の方にご参列、またご参拝いただきました。

この初寅祭では御縁金・御札を多くの方に受けていただきました。

奥宮の御札は、高良大社の守札授与所でも受けていただくことができますので、お申し出ください。

 

IMG_1523IMG_1514

 

奥宮について(山内のご案内→こちらもどうぞ

 

 

12月31日 年越大祓式・除夜祭を斎行いたしました。多くの皆様がご参列されました。誠に有難うございました。

平成27年12月31日

IMG_3332

 

12月31日、午後3時より、「年越大祓式(としこしのおおはらえ)」を執り行いました。

大祓は、日々の生活の中で知らず知らずに犯している罪・穢れを祓い清め、清々しい気分で新しい一年を迎えられるよう願う神事です。

御社殿お屋根葺き替え工事に伴い、御社殿横にて執り行いました。

雨が上がり、晴れ間がのぞく中、ご家族連れなど大勢の皆様にお集まりいただき、皆様の御協力によりまして、無事神事を執り行うことができました。

心より感謝申し上げます。

神事では、自分の罪けがれを移した「人形(ひとがた)」をお祓いし、我が身の代わりにお清めしました。

 

IMG_3324IMG_3320

神事の様子                       大祓の受付をし、皆様は参列されます。

 

 また、大祓式に引き続き、除夜祭を仮殿にて執り行いました。

除夜祭は、今年最後の祭典です。

来し方に感謝し、佳き年を迎えられるように祈念いたしました。

誠に有難うございました。

 

IMG_3338IMG_3342

大祓式の後、仮殿へ移動し、除夜祭を斎行。

 

 

大祓について

 大祓は、毎年6月と12月の2回、その月の末日に行います(夏越と年越)。

どなたでも参加できますので、ご家族の皆さまお揃いで、ぜひご参列ください。

時期が近づきましたら、HPにてご案内いたします。

 

IMG_0161 IMG_3314

初穂料  一家族 千円以上ご自由です

 

 

 

 

11月23日 新嘗祭(にいなめさい)を斎行しました。功労者表彰、高良山写真展入選者の表彰も執り行いました。

平成27年11月23日

今年初めて収穫された新米を高良の大神様にお供えし、

秋の実りの多きことを感謝申し上げました。

 

IMG_3105IMG_3140

 

11月23日(勤労感謝の日)午前10時30分、本殿において神職が厳粛なる新嘗祭を執り行いました。

大前に献米者名簿を納め、宮司の祝詞奏上、献米使の中村康胤殿によって献米使祈願詞が奏上されました。

続いて、神楽『浦安の舞』が奉奏され、収穫に感謝し、人々の労働をねぎらい、事業の繁栄を祈念いたしました。

引き続き、功労者表彰、高良山写真展入選者の表彰も執り行いました。

大勢の皆様にご参列いただきました。心より感謝申し上げます。

 

IMG_3093IMG_3077

神楽『浦安の舞』奉奏

 あめつちの 神にぞ祈る 朝凪の

    海のごとくに 波立たぬ世を

 

 

IMG_3109 功労者表彰

 

◆本年度献米使

久留米市大橋町献米世話人  中村康胤 殿

◆献米世話人表彰

二十年功労表彰

杵島郡白石町        田中 藤代次 殿

十五年功労表彰

杵島郡白石町        藤井 勉 殿

十年功労表彰

八女郡広川町        加藤田九洲男 殿

五年以上奉仕表彰

久留米市山川町本村     岡 英一郎 殿

御井町高良内町地区代表者特例一年表彰

平成二十六年度御井町農事組合会長  柏原 邦秀 殿

平成二十六年度高良内町農業組合会長 井上 竜祐 殿

地区内世話人永年・定年奉仕表彰

久留米市太郎原町  下田 学 殿

杵島郡白石町    江口 一 殿

杵島郡白石町    小野 勝 殿

杵島郡白石町    山口芳明 殿

杵島郡白石町    山口 誠 殿

久留米市山川町追分 野村 静男 殿

大川市南郷原    中村 信嘉 殿

大川市北郷原    中村 典幸 殿

久留米市藤山町上村 中尾 脩介 殿

久留米市藤山町上村 中村 勝春 殿

久留米市藤山町上村 中村 弘昭 殿

 

◆功労者表彰

高良大社に多額の浄財篤志を奉納された

兵庫県神戸市在住    田中靜枝 殿

高良大社に多額の浄財篤志を奉納された

東京都中央区      畠山 秀信 殿

高良大社に多額の浄財篤志を奉納された

福岡市早良区在住    北野 民子 殿

高良大社に多額の浄財篤志を奉納された

大分県大分市在住    鹿子嶋俊平 殿

永年に亘り観月祭に柳川日吉太鼓を奉納された

柳川日吉神社宮司    山口 祥子 殿

永年に亘り観月祭に詩吟を奉納された 

詩吟朗詠錦城流総師範  加藤 城勲 殿

永年に亘り観月祭に久留米にわかを献納された

久留米にわか保存会会長 木村 修一 殿

永年に亘り高良山おくんちに占い席を奉納された

占い師         松野 ルミ 殿

 

◆第4回高良山写真展表彰

 

IMG_3124

 

高良山写真展に103点のご応募をいただきました。

誠に有難うございました。

新嘗祭におきまして、奉告の上、入選者の皆様を表彰いたしました。

 

高良大社宮司賞      日野 浩昭 殿

高良大社崇敬会会長賞   松山  将 殿

福岡県知事賞       宮原 典子 殿

福岡県議会議長賞     中井他家教 殿

久留米市長賞       藤本  仁 殿

久留米市議会議長賞    鎌浦 昭知 殿

西日本新聞社賞      長岡 基博 殿

審査委員長賞       江﨑  幸 殿

高良大社賞        井上 栄子 殿

高良大社賞        川津 敦子 殿

高良大社賞        的場 正行 殿

久留米ゆめタウン賞    宮崎 重孝 殿

久留米ゆめタウン賞    古賀 義行 殿

久留米ゆめタウン賞    豊福 仁美 殿

佳作(順不同)

塚本 修一 殿  宇木  浄 殿  元村 勝好 殿

古川 正則 殿  新免 聖二 殿  磯野 良一 殿

金子 修一 殿  黒木 丸生 殿  牧野 正幸 殿

大野 健男 殿  福本  勲 殿  甲斐  恵 殿

古賀恵美子 殿  内記 京子 殿  岡田 玲子 殿

緒方 康彦 殿  安徳 茂敏 殿  酒井 忠正 殿

堀  美子 殿  大藪 久智 殿  鐘ヶ江春雄 殿

石橋 正幸 殿  田中比呂美 殿  野口  豊 殿

増岡 信隆 殿  増岡みち子 殿  木下 伸彦 殿

新木 一郎 殿  福原 良一 殿  森  雄哉 殿

 

 

新嘗祭について

新嘗祭は、宮中及び全国神社で行われる新穀感謝祭です。

収穫の感謝と産業に関わる人々の労働をねぎらい、事業の繁栄を祈念いたします。

 

我が国は古くから『豊葦原の瑞穂の国(とよあしはらのみずほのくに)』と言われており、農耕の業・米作りが国の大元でありました。神道の古典書である『記紀 古事記・日本書紀』にも三大神勅の一つとして記載され、お米は日本の主食として神様からの有難い戴きものとして考えられております。

新嘗祭はその年に初めて収穫された新米を神様にお供えし、神様と共に戴く神事で、宮中ではこの日未明天皇陛下におかれましては、宮中三殿にて新穀を神々に奉られ、御自らもお召し上がりになられ、同床共殿(どうしゅうきょうでん)の悠久の伝統祭祀が斎行されます。

新穀が見事に稔り、収穫できることは神様の御加護に加えて、日々の勤労の積み重ねによるものであり、殖産興業の根元であります。

今日では単に収穫の感謝のみならず『勤労感謝の日』の名もある通り、遍く産業に関わる人々の労働をねぎらい、事業の繁栄をも祈念する祭となっています。

当社においてもその意義を踏まえて、福岡県内外の多数の崇敬者からの真心のこもったお初穂を御神前に供し新嘗祭を斎行致しました。

 

IMG_3137

平成の大修理 国指定重要文化財 髙良大社の御社殿御屋根葺替につきまして、

奉賛金・御屋根葺替杮板(こけらいた)の奉納を受付しております。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

« Older Entries Newer Entries »

最新情報

カテゴリー

アーカイブ

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

banner_keidai01
banner_hanagoyomi01


HOME  | リンク | サイトマップ

筑後国一の宮 国幣大社
高良大社
〒839-0851 福岡県久留米市御井町一番地 TEL0942-43-4893  FAX0942-43-4936
E:mail office@kourataisya.or.jp
Copyright (C) 2013 KOURATAISHA. All Rights Reserved.